2種免許

介護タクシーを開業するには、二種免許が絶対必要ですか?

これはよく聞かれる質問ですが、結論から言いますと「二種免許は必要」です。

皆さんの想像している「介護タクシー事業」とは、介護・介助を必要とするお客様(利用者)の自宅へタクシーで出向いて、利用者を車に乗せて病院や施設などの目的地へ送迎するサービスを行うことだと思います。

お客様から運賃や介助費などの料金をいただくことで、サービスを提供するという仕組みです。

介護タクシーは、お客様を輸送する「運送事業」に該当しますので、道路運送法に基づく許可を受けなければ事業を行うことができません

つまり、許可がなくてはお金をもらうことができません。もし無許可でタクシー業を行うと道路運送法違反として、罰則が科されます。

この許可を「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)」の許可と言うのですが、許可を申請する際にドライバーとなる人の二種免許が必要になるわけです。

従って、介護タクシーを開業したい=「二種免許」が必要ということになります。

ドライバーが二種免許を持っていればいいので、二種免許を持っている人を雇うことでも構いませんが、できれば費用を抑えて開業したいと思っている人がほとんどだと思います。

給料や社会保険、雇用保険などを含めた人件費が発生しますので、新規開業時にドライバーを雇うことができる経営状態であれば、ということになるかと思います。

もし、雇ったドライバーさんが辞めてしまうと、また新しく二種免許を持ったドライバーを探すはめになりますし、ドライバーさんがいなければ事業がストップしてしまいます。

できれば事業者本人が二種免許を保有していることが望ましいと言えるでしょう。

訪問介護事業所や居宅介護事業所さんが介護保険の適用を受けて「通院等乗降介助」を行う、いわゆる「介護保険タクシー」も同じ許可を取得しますので、ドライバーさんは二種免許が必要です

たまに、介護保険タクシーであれば「二種免許は要らないのでは?」という質問もありますが、半分正解で半分不正解です。

すでに介護保険タクシー(介護タクシーも含む)の許可を受けている介護事業所さんであれば、許可を受けている介護タクシーの車両以外にも、自社のヘルパーさんの自家用車を使って利用者を送迎することができるようになります

もちろん別に許可は必要ですが、この許可では、車を運転して利用者を送迎するヘルパーさん自身は、二種免許を保有しているか、または一種免許の場合は、国土交通大臣が認定する講習(福祉有償運送運転者講習)を受講することで構いません

つまり、必ずしも二種免許は必要ないということになります。このため、介護保険タクシーであれば「二種免許は要らない」と勘違いされる方がいらっしゃいます。

このヘルパーさんの自家用車を使って利用者を輸送するための許可を「自家用自動車有償運送事業」の許可と言いますが、介護保険タクシー許可に付随した許可であることから、「ぶらさがり許可」とも言われています。

あくまでも、①介護事業所さんで②すでに一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)の許可を受けていて、③許可を受けている介護タクシーの車両以外に、④自社のヘルパーさんの自家用車を使って利用者を送迎するための許可、という特殊な許可になるため、要件が緩和されています。

・第一段階の介護タクシー許可「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)」では、二種免許が必要
・第二段階のぶらさがり許可「自家用自動車有償運送事業」では、一種免許でも可

ということになります。